【LGBT】学校で先生や友だちにいじめられた〜一人で悩まないで相談して〜

【LGBT】学校で先生や友だちにいじめられた〜一人で悩まないで相談して〜

学校で先生や友だちにセクシュアルマイノリティを理由にいじめられる

残念なことだけど体験した人は少なくない

ちょっとしたことが原因だとしても

傷ついた心は簡単には治らない

今回は学校でのことについてお話しします

悪意ある人にいじめられた

例えば

  • Aちゃん(Bくん)て同性を好きらしいよー
  • Cくんってなよなよしてて女の子みたいで変
  • Dって男のまねばかりして変だな

とか

書きたくないから避けるけど

消えたくなるような

存在自体を否定する言葉を言ってくる人もいる

そんな人からは逃げよう

ひどいことを言う方が悪い

  • 性指向(誰を好きになるか)
  • 性自認(自分をどの性だと思いふるまうか)

を理由に差別をしてはいけません

思うのは勝手かもしれない

だけど

人を傷つける理由には決してならない

本当はその人たちにその行動をやめさせなければならないし、やめさせたい

だけど傷ついたあなたたちが今戦う必要はない

傷ついているあなたが戦ってより傷つく必要はない

余裕があって相手が話を聞いてくれるようなら説明してあげてもいいかもしれない

だけど

ひどいことをする人からはすぐに逃げよう

距離をとろう

学校に行くのが辛かったら

学校に行かずに勉強だけしてもいい

理解のある先生を探して守ってもらうのもいい

一部のひどい人たちのせいであなたたちの人生が辛いものにならないようにすぐに逃げて

何気ない一言に傷つく

先生から

先生が家庭科の授業とかで

「みなさんは大人になると異性を好きになり、結婚して、子どもを産み、家族を作ります」

みたいな

え?

  • 異性を好きにならないといけないの?
  • 異性と結婚しないといけないの?
  • 子どもを産むのがあたりまえなの?

これらは全てみんなに当てはまることではないよ

もし先生があなたの前でこんなことを言ったら

その先生は、何にも考えていないか、勉強不足なんだと思う

そういう風に教えなさいって言われていることもあるみたい

ちゃんと勉強している先生なら

同性を好きになる人もいるし、子どもを産まない人もいます

って言ってくれると思う

(さまざまな理由で産めない人も多い)

そういうことを言う先生はもしかしたら

セクシュアルマイノリティに対して勉強不足で理解できていないかもしれない

先生は忙しいからそこまで頭が回っていないことも多い

だからそういう先生だと思ったら

必要以上に関わらないようにした方がいいかもしれない

ひどい例だと

この中にそういう人(セクシュアルマイノリティ)はいないと思いますが、そういう人への差別はやめましょう

とかいう先生がいるとか、、、

こうやって、存在を否定することは

ひどい差別だよね

理解があるふりをして心の中で差別し、ひどい風に思っているかもしれない

そんな先生が担任だったらすごく悲しいと思う

信頼できる人がもしいるならば

その人にお願いしてその先生に正しい知識を教えてもらうといいかもしれない

人は簡単には変わらないから、難しいかもしれないけど

もし、どうにもならない人だったら

すぐに逃げるか相談しよう

最近では10代のセクシュアルマイノリティに向けて活動している当事者も多い

そういうところに相談してみると

あなたと同じような環境の人や

あなたのことをよく理解してくれる人がきっといるはず

友だちから

同性愛者って変だよね?とか

LGBTって気持ち悪いよね

とか

あなたが当事者だと知らずに話をしてくる人もいるかもしれない

そんな時

多分すごく動揺してしまうと思う

傷つき、どうしていいのかわからなくなる

時間がたってから

その友だちにセクシュアルマイノリティであることがバレていないか心配になってしまうと思う

その友だちがなんでそんなことを言ったのかはわからない

だけどもし仲のいい友だちなら

あまり考えずに思いついたことを言ってしまったのかもしれない

そんな時は勇気を出して

自分はそう思わないよ

と伝えて話してみるといいかもしれない

もしそれでも相手の考えが変わらなかったら

表面的に学校だけのお友達をするか

あきらめて距離をおくか

自分を守る方法を考えよう

仲の良くない友だちでわざとそんなことを言ってきたのなら

あなたのことを気づいて傷つけようとしているのかもしれない

深く関わらないようにしよう

傷つけられないようにまず逃げよう

学校がつらかったら

学校が辛かったら行かなくてもいい

いじめてくる人がいるならすぐに逃げよう

親にカミングアウトしなくてもいいから

つらいことがあって学校に行けないって伝えよう

転校して環境が良くなることもある

勉強だけして進学を目指すのもいい

学校ではたくさんのことを学べるし

たくさんのことを身につけられるから

行けたら行った方がいいけど

成長に重要な時期につらいことと戦う毎日はもったいない

一人じゃない!相談しよう

悩んでいるのはあなた一人じゃない

誰かにいじめられて、傷つけられているのはあなたは一人じゃない

必ず理解してくれる人がいる

傷つけられている子どもを守ろうとしている大人もいる

誰かにたよろう

誰かに相談しよう

その誰かは

親でも、友だちでも、先生でもいい

だけど

セクシュアルマイノリティの悩みは当事者にしかわからないことも多い

最近はパソコンやスマートフォンが身近になっている

YouTubeで情報を発信している人もいるし

Twitterで話を聞いてくれる人もいる

会ったりするのは気をつけた方がいいし

優しいふりをした悪い人もいるけど

一人で悩んで苦しむよりは

信頼できそうな人に相談してみるといいよ

あなたが誰を好きでどんな性でも

あなたが

どんな人を好きになっても

身体とは違う性であると思っても

それは

あなたの自由

誰にも否定されるてはいけない

誰かに傷つけられる必要はない

あなたはあなたらしく生きればいいよ

もちろんマナーを守る必要はあるけど

今つらくてもいつか

好きな相手と一緒に生きられるかも

望む性別で生活することができるかも

つらい時は全力で逃げて

できることだけ精一杯がんばればいい

Sexualityカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!